生活の豆知識 小学生

小学校へ入学後の引っ越しと転校についての注意したいポイント!

投稿日:

子供が小学校へ入学するのを機会に引っ越しをする家庭も多いと思います。

しかし、家庭によっては色々な事情から、子供の小学校への「入学後」に引っ越しをすることもあります。

そこで気になることは小学校への入学後の引っ越しに際し、子供の転校についてですよね。そこで、小学校に入学後の引っ越しについて注意したいポイントをお話していきます。

 

小学校への入学後に引っ越しで注意したいポイント

まず子供が小学校への入学した後に引っ越しをすることと、引っ越し先の地域で通う小学校が確実に決まっているのである場合、入学をする前に教育委員会に相談することが必要です。

または、地域や学校によっては入学予定の小学校に相談する必要があるでしょう。

もし、入学する前に教育委員会などへ相談しなければ、かなり面倒なことになる可能性があります。

また、他の小学校の転校をさせたくなかった場合であっても、連絡や手続きが遅れてしまい元々通っていた小学校を引っ越し後は変える必要が出てくる場合があります。

もし転校を避けたいのであれば、入学する前のなるべく早い時期に教育委員会などへ相談する必要があります。

小学校の側からすると、生徒が引っ越しをするのであれば転校することになると考えるのが普通です。そのため、引っ越しした後も通学先を変えたくないということを、なるべく早めに教育委員会などに知らせ必要な手続きをとらなくてはなりません。

それから親御さんの中には、「子供が小学校へ入学する前に引っ越しをすれば問題ないだろう。だから入学後の引っ越しのことは考えなくても大丈夫に違いない」と考えている人も多いかもしれません。

しかし、引っ越しは荷物などを転居先に移して終わりではありません。引っ越しには様々な手続きがあるのです。引っ越しのための手続きは、数が多く時間がかかると考えて良いです。

万が一予想以上に時間がかかってしまい、子供が小学校への入学後に引っ越しをしなくてはいけない事態なってしまった場合、各種手続きが面倒になってしまう場合があります。

ですので、なるべく早めに教育委員会などへ相談するという理由にはこのような事態も想定して、ということになります。

小学校へ入学後の通学の距離と送り迎え

小学校への入学後の引っ越しで気にしなくてはいけないことは、子供の通学についてでしょう。小学校への入学後の引っ越しとなると、通常はそれに合わせて引っ越し先の地域の小学校に転校することになります。

しかし、子供の学校の環境を考えると、転校することを避けたい親御さんは多いでしょう。また、もともとは入学前の引っ越しを考えていたのであれば、なおさら転校しないようにしたいところです。

この場合では、引っ越しする前と引っ越しした後の距離が問題になります。

もし引っ越し先が前の住居の近所(学区内)であれば、入学後の引っ越しではあまり問題はありません。通学路は少し変わりますが、そのまま徒歩での通学が可能なはずです。

ですが、引っ越しする前の住居が入学を考えている小学校と距離が離れている(学区外)のであれば、転校させたくない旨を教育委員会に連絡し必要な手続きをとらなくてはなりません。また、通学方法も新たに考えなくてはいけません。

具体的には、引っ越しする前の住居と小学校が電車などを使わなければいけないくらい離れているのであれば、親が子供を小学校に送り迎えする必要がでてくる場合もあるでしょう。

中高生ぐらいになれば電車通学などは普通になりますが、小学生であれば幼児を狙った犯罪も増えているため親が送り迎えした方がいいでしょう。

 

まとめ

子供が小学校へ入学する時に、引っ越しをするという親御さんは多いと思いますが、引っ越しの手続きなどを軽く考えていることが多いのではないでしょうか?しかし軽く考えていると、思わぬ手間がかかってしまう事に慌てる場合があります。

そのような事態を避けるためには、引っ越しをする前の時間がある時に、余裕を持って迅速に対処をしておくのが一番よいのですが、引っ越しや手続きが遅れてしまった場合は、焦らず教育委員会と学校の担当者に相談し確実に手続きを行いましょう。

-生活の豆知識, 小学生
-

Copyright© HIRAMEKI DROPS , 2018 All Rights Reserved.