冬のイベント・行事 車・バイク バイク 寒さ対策

冬にバイクを楽しむ服装のポイントと意外と知らない防寒対策の注意点!

投稿日:2016年11月28日 更新日:

バイク乗りにはわかる・・・
あの冬の寒さの中、(盗んだ)バイクで走り出すと、どんだけ寒い思いをするか・・・。

バイク乗りにはわかる・・・
本当はバイクに乗りたいんだけど、内心寒くてその気になれないことを・・・
冬は車の方が楽な事は知っているが、バイク乗りの血がさわぐ俺の「プライド」がそれを許さないことを。

バイク乗りにはわかる・・・
行く先もわからぬまま走り出すと、風邪を引いてしまうこを。

ということで、つまり冬にバイクを乗りたいんだけど、冬にバイクを乗るってかな〜り寒いんですよね。
それはもう・・・伝説ポケモンのフリーザの吹雪を肌で直にずっと受けてる感じですよね。

でも、バイクに乗りたい!車よりバイクが好きなんだ!って人は多いはずです。
実際にしっかりとした防寒対策をしていれば、大雪でも降らない限り1年中バイクを楽しむことはできます。

そこで今回、バイクが好きなあなたに、冬でもバイクを楽しむ為の服装のポイントや、オススメのコーディネートをご紹介!

それに加え、意外と知らない間違いだらけの危険な防寒対策のお伝えします。何でもかんでも暖かくすれば良いわけではありません。

それでは早速、エンジンフルスロットルで行きましょ〜!

スポンサーリンク

冬にバイクを楽しむ為の服装のポイント

そもそも、なぜバイクに乗ると冷凍した刺身のように体が寒くなっていくのでしょうか?

もちろん車に比べて直で風を受けるためですが、人間には特に冷えやすくなる体部があり、そこが冷えることで体感温度が下がっていくんですね。

その体部は何処かと言うと
・首まわり
・指先とつま先
・膝
・背中
です。

熱などでた時は首まわりをよく冷やしますよね。それと同じで、首の周りには太い血管があり、ここが冷えることで、体全体の体感温度が下がっていきます。

このような、首元部分の開口部は特に要注意!ここから、寒い冷気が入り込んで、あなたの体温を蝕んでいきます。

首回りは、ネックウォーマーなどで風が冷気が入らないような対策が必要です。

また冷えは先端から始まると言いますが、まさに指先とつま先から冷えが始まっていきます。手首や足首の袖・裾口からも冷気が侵入し、運動感覚を奪っていきます。

手首はしっかり防寒された長めのグローブを選び、袖口にしっかり入れましょう!
足首も長めの靴を選び、ズボンに入れるこで、体内に冷気の侵入を防ぐことができます。

膝周りも注意すべきポイントです。バイクに乗ると膝を曲げるため、膝周りのズボンが引っ張られます。よって、風の冷たさが伝わりやすく冷えやすくなります。膝が冷えると、体の動きが鈍くなって、バイクの停止時に転倒の危険性も高まります。

防風・保温されるライディングパンツをしっかり選ぶ必要があります。

つまり、上記のポイントを押さえて冬の服装を着こなすことで、しっかり防寒対策でき冬でもバイクを楽しむことができます。

そこで、次に具体的なコーディネートをご紹介します。

スポンサーリンク

これで防寒対策はバッチリ!しっかり装備すれば寒くない

先に述べてきたポイントを押さえながら、安全で運転に支障が出ないものであれば、基本的に好きなコーディネートで大丈夫ですので、寒さ対策に最強のコーディネートアイテムをどんどん紹介していきますね。

ネックウォーマー

まずは首元を冷気から守らなくてはいけません。そこで、登場するのがネックウォーマー!

お店で売ってるネックウォーマーでもいいですし、バイク用のネックウォーマーというのもあります。

私はユニクロで買ったネックウォーマーを使っていましたが十分でした。普通のネックウォーマーでも十分ですが、気おつけておきたいポイントとして、苦しくなりすぎず、ゆるすぎて風が入ってこないものを選びましょう。

私はユニクロで買ったネックウォーマーを使っていましたが十分でした。

インナー

次は、インナーです。インナーには防風性と透湿性があるものを選ぶのがよいですね。

お手頃なものだとユニクロやGUにもヒートテックのインナーが売ってますね。首元まであるタートルネックタイプのインナーもオススメ。

私は寒がりなので、いつもタートルネックのヒートテックに、モコモコの服を着て、さらにアウターを着る感じです♪笑

楽天市場やAmazonにも色々売ってるので、確認してみてくださね。

アウター

ダウンジャケットかレザージャケットなど色々ありますね。個人的には、ダウンジャケットが軽くて暖かくてオススメなのですが、転倒した時のリスクを考えると、レザージャケットが良いと思います。

私の場合近場であれば、ユニクロのライトダウンジャケットを着ることも多いです。インナーにしっかり温かいものを着ていれば、さほど寒さも感じにくい印象です。

ユニクロ、GU愛好者です!安くてありがとう!笑

グローブ

グローブは特に大事ですね。アクセスを操作したりしますので、防寒性だけでなく、操作性も重要です。

以前私はスキー用のグローブでバイクに乗っていたのですが、ブレーキやアクセル操作がしづらく止めました。暖かくてよかったのですが、やっぱり事故は怖いですからね。

なので、グローブはバイク屋で販売しているものか、通販でバイク用のしっかりとしたグローブを購入してください。

ズボン

ズボンは、まずヒートテックのタイツを履いた上で、ダンパンを履くと温かいです。さらに、その上にナイロン製のゆったりとしたオーバーパンツなんか履けばバッチリですね♪

ブーツ

ブーツも冷気が入らないように少し長めの物が良いでしょう。

防水機能がしっかり付いていて、ムレ対策が施されているブーツもお店で売ってますので、実際に履いてみて、自分にフィットする1足を探してみてください♪

意外と知らない防寒対策の注意点

最後に、防寒対策する際の注意点です。

実は何でもかんでも着込んで暖かくすれば良いわけではありません。

着込み過ぎるこで、
・モコモコして体を動かしにくくなり、後方の確認がしにくくなります。
・血流が悪くなり、逆に体温を下げる可能性があります。
・着込みすぎて汗をかき、余計に冷えてしまうことことにつながります。

以上の3点を注意して、寒さ対策を行う必要があります。

私も、寒いからと着込みすぎて動きにくくなり、雪だるまみたいになったことがありました。

ただただ苦しいだけでした。

冬にバイクを楽しむ服装のまとめ

特に首回りや袖周りなどから冷気が入らないように気をつけて防寒対策をするように心がければ、あの寒さとも友達になれそうですね。

寒さ対策のポイントをしっかり押さえ、自分にあうコーディネートを追求してみてください。

スポンサーリンク

あなただけに読んでほしい記事

-冬のイベント・行事, 車・バイク, バイク, 寒さ対策
-

Copyright© HIRAMEKI DROPS , 2017 All Rights Reserved.