生活の豆知識 仕事・転職

職場のランチの断り方はこれ!人間関係を悪化させない方法とは?

投稿日:

会社で仕事をしていると先輩や上司、同僚からランチに誘われることがありますよね。仲良く同僚とランチをするのもいいですが、時には一人でゆっくり食べたくなることも。

でも、正直に断ってしまうと人間関係が悪くなってしまうこともありますよね。でも、なかなか断る言い訳が思いつかなくて、その場の流れて一緒にお昼休憩。昼休みなのに余計に疲れてしまうことも・・・。

そこで今回は、お昼休みは一人になりたいあなたのために、、職場でのランチのお誘いを断る方法をご紹介します。

 

職場のランチの断り方によっては人間関係が悪くなることも

仕事をしていると、もちろんランチの時間もありますよね。ランチの過ごし方は人それぞれ。

大勢でワイワイ楽しむのが好きな人もいれば、逆に一人でゆっくり食べたいという人も。普段は職場の人と食べていても、時には一人で食べたいというときもありますよね。

しかし、せっかくランチに誘われたのに正直に断ってしまうと、相手もあまりよい気持ちではありませんよね。

さらに、1度や2度だけではなく、何度もランチのお誘いを断ってしまうと相手も「嫌われているのでは」と思うこともあります。

それだけならいいのですが、ランチのお誘いもされなくなるだけでなく、相手に嫌われてしまうことにもつながってしまうのです。

ランチを断ることで同僚との人間関係が悪くなれば、職場での雰囲気も悪くなってしまいます。仕事をする時、職場の雰囲気というのはとても大切なもの。

そんな職場の雰囲気をランチを断るだけで悪化させてしまうのは、絶対に避けたいところです。

 

職場でのランチの上手な断り方とは?

職場でランチを断り続けるのは、人間関係が悪化し、最終的には仕事のしにくい雰囲気になってしまうことも。

とはいっても、毎日苦痛なランチを続けるのもつらいもの。ではそんな時にはどうしたらいいのでしょうか?

こんな時は、断り方を工夫してみましょう。

まず、女性の場合に有効なのが、「ダイエット中なので」という理由。女性ならダイエットで食事を控えるのは珍しいことではありません。同じ女性の同僚なら納得してくれるはずです。

次に、体調不良を理由にしてみましょう。二日酔いや、おなかの調子が悪いなど、体調不良なことを伝えればスムーズに断ることができます。

他にも、仕事が忙しいということを伝えるのも一つの方法です。例えば、午前中までに終わらせなければならない仕事が残っているといえば、誘ってくれた人もわかってくれますよ。

このように、職場でランチに誘われたときに、どうしても断りたい場合には、こちらで紹介したように理由をつけて断るようにしましょう。

 

まとめ

どうでしたか?職場でランチに誘われた場合、なかなか断るのは難しいものですよね。

だからと言って、無理に毎回食事をするのも疲れてしまいますよね。そんな時には上手に理由を考えて伝えるようにしましょう。

そうすることで、人間関係も悪くすることなくスマートに断ることができますよ。職場のランチくらいは時にはゆっくりと一人で食べるのもいいものですね。

-生活の豆知識, 仕事・転職
-,

Copyright© HIRAMEKI DROPS , 2018 All Rights Reserved.