ひらめきドロップス

HIRAMEKI DROPS

生活の豆知識 一人暮らし

1kの広さの平均は何畳が快適?一人暮らしに最適な広さと家具配置の目安

投稿日:

1kの部屋といえば一人暮らしでよく借りる場合が多いですが、一般的に快適に過ごせる広さの平均って何畳くらいか気になりますよね?

借りた後で失敗しない為に快適に過ごせる空間はを把握しておくことはとても大切です。

そこで今回、1kの広さの平気と、また家具を置く場合の工夫などをご紹介します。

 

1Kの広さの平均はどのくらいか、また家具はどうする?

1Kとは、1部屋とキッチン別付きということです。1Kであれば初めての1人暮らしや単身者が借りる場合がほとんどです。

一般的に1人暮らしの部屋面積は、平均25㎡です。キッチンは別ですが、玄関付近に通路と同じ場所についていることも多いです。

1Kの場合は、一部屋まるごと部屋として使用することが出来ます。一般的な面積を考えると部屋自体が6畳から10畳程の大きさになります。

土地や場所、環境状況によって家賃や部屋の間取りが変わるため、自分が暮らしていく上で譲れない条件を出して置くことで、より選びやすくなります。

都会と地方では、家賃が違ううえ同じ条件でも一部屋当たりの面積が広くなることもあります。また新築か築年数が経過している物件なのかでも大きく差がでる場合もあります。

では、一人暮らしで比較的都会に住む場合は、家賃も考えて6畳から8畳が平均的です。また、クローゼットがある物件を探してみましょう。

クローゼットが広ければ広いほど、部屋を広々と使うことが出来ます。クローゼットが広い場合は、その中に収納BOXを入れたり、空間を利用してハンガーを使用するコート類やパンツ類を収納することが出来ます。

見た目的にも部屋をシンプルにすることが可能です。

 

1Kで家具の配置する場合、平均どのくらいのスペースがあれば快適に生活できる?

部屋には、最低限、タンスやベッド、テーブルを置くとすると6畳にベッドを置いた場合は、スペースが限られます。

ベッドは、折りたたむことが出来るものやソファーと一緒になっているものなど、コンパクトにまとめられるのであれば布団にすると寝る時間以外はスペースを確保できます。

また、移動式のものがついた家具であれば移動も楽々です。隣の部屋との壁に家具を配置すると騒音防止の役目にもなります。

あまり、高さのある家具よりも低いものを選んだ方が圧迫感を感じないのでオススメです。大きめのタンスとベッドを置けば大人一人が歩けるスペースとなってしまい狭くなってしまいます。

キッチンは別についてますが、玄関入り口付近だったり、通路と同じ空間に設置されていることが多いので、一人暮らしの方にはオススメですが、二人暮らしや家族には不向きです。

引っ越す前に内覧した時に、自分が持って行こうとする家具を計測しておいて邪魔にならないかどうか、また新しく購入するものがあればそれはどの場所に置けるかなど、事前にどんな部屋にしたいかを決めておくことで快適なスペースを保つことが出来るでしょう。

また、快適に広々過ごしたいのであれば8畳以上の部屋の広さがおすすめです。

 

まとめ

1人暮らしで1Kの間取りは、お得な物件も沢山あります。部屋数にこだわりがなければオシャレな物件から広々した物件まで自分の用途によって選ぶことが出来ます。

不動産は、一度契約するとすぐに解約とはいかないので、事前にシュミレーションすることがとても大切です。

快適に暮らせるためのプライベート空間づくり、参考にしてはいかがでしょうか。

-生活の豆知識, 一人暮らし
-

Copyright© HIRAMEKI DROPS , 2018 All Rights Reserved.