ファッション・バッグ リュックサック

小学生が遠足で使うリュックの大きさの目安!人気のデザインとは!

投稿日:

小学生の行事ではリュックを使用する機会が沢山出てきますよね! 特に春や秋の季節には遠足用として購入を考えている場合も多いのではないでしょうか?

また、6年という長い年月の間に体格も大きく変化する小学生時代! 流行もあるし買い換える事が頻繁になるのでは?と気になっちゃいますよね!

特に小学生になったばかりであれば、リュックの大きさはどれ位がいいんだろう?これからもなるべく長く使える物を選びたい・・・。と悩みも多いはず。

そこで今回は、小学生が遠足用で使うリュックの大きさのの目安や、お子さんに持たせる人気のリュックの特徴をご紹介します^^

スポンサーリンク

 

小学生が遠足で使うリュックの大きさの目安は?

リュックの大きさには色々ありますよね。特に、小学生の場合であれば低学年から高学年にかけて体格も変わってきますし、遠足の内容によっても選ぶべき大きさは違ってくるかと思います。

リュックの大きさ目安としては、リュックを長めに使うと考えると、小学4年生を境として考えると良いですね。1年生から4年生頃まで使用できそうなものと、5年生以降に使える物で分けてみましょう!

ただし、身長の伸びには個人差や男女差があるので、場合によっては複数回買い替えが必要になる事もあるでしょう。

低学年のうちは、まだ大きく体の成長が出ることは少ないですが、高学年になると一気に身長が伸びたりと大きく体つきが変わるようになってきますからね!

私も、高学年になったとたん周りの友人たちに身長をどんどん抜かされていきました・・・笑

また、高学年で買い換える場合、中学まで使えそうなものを選ぶことが多い傾向です。容量の目安は、だいたい15リットルから大きくて25リットルですね!

低学年だと、お弁当、お菓子、水筒、雨具が入るくらいの15リットルの物、高学年だと先ほどのものプラス一泊分の着替えも入れられ宿泊を伴った行事にも使用できる25リットルの物が人気の傾向です♪

小学1年生で15リットルだと少し大きく感じる場合もあるようですが、ゆとりのあるサイズの方が出し入れがしやすく安心ですね。

リュック15L -楽天市場-

リュック25L -楽天市場-

詰めるときはお父さん、お母さんが詰めてくれますが、帰りはお子さん自身が詰めなければなりませんもんね。

高学年だと多少無理してつめれても、低学年だとなかなか難しいですからね。体に会合った大きさにするのは大切ですが、帰りに荷物が入らない!ということにならないようサイズは注意してあげましょう!

 

小学生の遠足用リュックにキャラクター物はあり?

キャラクターのジャンルにもよるみたいです。例えば、戦隊ものなどは持てても小学1年生から2年生くらいまでのようですね。

それにそういうのは一年ごとにキャラクターも変わりますし長く使用するのは難しいです。

サンリオなども高学年まで使用する子は少ないようです。逆に、ディズニーなどは長く使用できる場合が多いとか!

私も小学生の頃デザインを選ぶ際、リュック以外でも裁縫セットやエプロンなど、アニメのキャラクターや流行り物はさけてた気がします。

今でもそうですが、ハムスター好きとしてハムスターのキャラクターだけはどうしても譲れず選んでいましたが・・・笑

また、小学2年生頃からお子さん自身がキャラクターものを嫌がるようになってくる場合もあるみたいです。

そういえば、結構大人びた小学生も多いですよね。小学生向けのファッション雑誌もあり、女の子よりも男の子のほうがキャラクター物をだんだんさけるようになるみたいです!

そう考えると、小学生に入ってからリュックを買うのであれば、キャラクター物をさけた方が長く使用でき、弟や妹へお下がりをする場合にも活用でき無難かもしれません。

もともと小学生の内に買い換えを考えているのであれば、低学年のうちなど使用する本人が希望するのならキャラクター物を持たせてもいいでしょう。

スポンサーリンク

 

小学生の遠足で使う人気のリュックの特徴とは?

小学生のお子さんに、せっかくリュックを購入するなら良いもの、長く使えるものがいいですよね。そこで、人気のリュックの特徴をまとめてみました!

ポイント1  撥水加工がされているもの

遠足で突然雨が降った場合、すぐに屋内にいくことができるということがなかなか難しいです。そのため、撥水加工されている物が人気のようです!

ポイント2 宿泊学習にも使えるもの

高学年になるにつれて、遠足以外にもリュックを使うシーンが増えてきます。修学旅行や林間学校のような宿泊学習にも使用できる容量のリュックが人気のようです。

その場合は上にも書いてありますが大体25リットルくらいあるのが理想のようですよ。

ポイント3 弟、妹にお下がりできるもの

特に低学年の時は数えるくらいしか使用しない場合が多いリュック。なので、次の子へとお下がりをする場合が多いようです。

その時、異性の兄弟でも使用できるカラーや柄を選ぶのが特徴のようです。

色だと、紺、水色、黄色、緑は女の子でも男の子でも利用できる万能なカラーでしょう。赤もスポーツブランドなどの柄なら男の子でも使用できるようですよ!

ちなみに、万能そうなドット柄は女の子には人気でも男の子は嫌がる場合もあるみたいです。

 

小学生が遠足で使うリュックの大きさの目安まとめ

小学校低学年なら、弟、妹にも使える物、高学年なら中学生になったときにも使える物と、長い目でリュックを選んでいるみたいですね!

確かに、小学校の遠足などの校外学習は数えるくらいしか無いので、もったいないですもんね(納得)

もちろん第一はお子様が求めているリュックを選ぶことですが、今回お話ししたポイントを参考にして満足出来る物を選んでくださいね^^

スポンサーリンク

あなただけに読んでほしい記事

-ファッション・バッグ, リュックサック
-

Copyright© HIRAMEKI DROPS , 2017 All Rights Reserved.