ひらめきドロップス

HIRAMEKI DROPS

ファッション・バッグ リュックサック

一泊旅行で使うリュックの容量の目安はどれくらいの大きさが良い?

投稿日:

リュック、と言っても大きさはさまざま。今では何週間、何ヶ月もの旅行に有効なバックパッカー用の大きなリュックから、日帰り用の小ぶりのリュックまであります。

では。一泊二日の旅行にはどの容量が適しているのでしょうか。今回は一泊旅行に適したリュックの容量についてご紹介します。

 

一泊旅行のリュックの快適な容量のサイズの目安は?

一泊二日の小旅行、あちこち観て回って美味しいものも食べにいきたい。欲張りプランの移動ならできれば身軽で行きたいですよね。

そんな時に大切なのは荷物を詰めるリュックの大きさ。どのぐらいがベストなのでしょうか。

一泊旅行でのポイントの一つとして、常に荷物と共に移動すること。ホテルのチェックインまで、またチェックアウトの後、荷物はいつも旅のお供ですね。

特にバスや電車を乗り継いで移動する旅行の際は、背負う形のリュックがオススメです。荷物を膝に乗せたり置き場所に幅を取らないもの、さらに歩きやすく疲れない大きさが適しています。

大きすぎず、小さすぎない大きさ、全長は背中が隠れる40cm以内、幅は肩幅サイズの25cm以内が体にフィットして歩きやすいサイズです。

このサイズは素材も軽いものが多く、持ち運び、特に背負う時に負荷がかかりません。お手ごろサイズの定番なのでメーカーも種類も豊富です。

山やレジャー地はもちろん、カジュアルな場所や街中のどこにでも違和感を感じさせないシンプルなデザインや色が選べます。

 

一泊旅行に選んだリュックの容量にはどんなものが入る?

一泊旅行に適したサイズのリュック、全長40cm以内のものは、大振りの水筒やペットボトルが余裕で入る高さです。

肩幅サイズ25cmほどのリュックはガイドブックは旅行雑誌を丸めずに入れることができます。

このサイズのリュックで13cmほどのマチがついているものを選べば、一泊旅行用の簡単な着替えや防寒着、化粧品、行きのお弁当などが入るには十分の容量です。

旅行では出かける前より帰る時の方が荷物が多くなります。観光に巡った施設のパンフレットや小冊子、ご当地名物のお菓子やお土産など、持ってきた荷物の他にそれらが入る余裕を確保したいところ。

このサイズのリュックなら、お菓子の箱一つがすっぽり入る大きさです。さらに宿泊先でアメニティグッズや浴衣などが利用できる場合は、持ってゆくものが減りますから、お帰りの際も重すぎず移動に楽な荷造りができます。

大は小を兼ねる、と大きなリュックを用意するとたくさん入る分、持ち物を詰め込んでしまい重さが移動の快適さを邪魔する恐れがありますのご注意を。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?快適に一泊旅行を楽しむためのリュックの容量についてご紹介しました。

持ち運びを考慮して大きすぎず重すぎないリュック選び。これで持ち歩く荷物の負荷が軽減されて楽に移動ができますね。是非参考にしてみてください。

-ファッション・バッグ, リュックサック
-

Copyright© HIRAMEKI DROPS , 2018 All Rights Reserved.